ニコニコ生放送

この番組は 2014/04/17(木) 25:50 に終了いたしました。

【超会議3特番】《世界初へ挑戦》深海5,000メートルへの有人科学探査【再】

再 放 送

【会場のご案内】

2014/04/17(木) 開場:13:50 開演:14:00
この番組は2014/04/17(木) 25:50に終了いたしました。
来場者数:108599人 コメント数:22495
深海のレジェンドが超会議3にやってくる
未知なる深海の世界へみんなで旅立とう

今回、JAMSTEC(海洋研究開発機構)が運用する、
有人潜水探査船『しんかい6500』が超会議3にやってきます。
それを記念して、今やニコニコ生放送で伝説となった
深海5,000メートルに向けて『しんかい6500』が探査する様子を
12時間に及び生中継した番組を再放送いたします。

超会議3で本物の『しんかい6500』を目撃する前に、
本番組で予習をしましょう!

※本番組は2013年6月22日に放送した番組の再放送です
 一部アンケート等は当時の結果が再現されますのでご了承ください。

超会議3関連番組



■リンク
ニコニコ超会議3 超深海ブース特設ページ
ニコニコ超会議3 特設サイト

※下記の番組説明文は、2013年6月22日の放送時のものです。
人類は深海へどのように到達し、
どのように探査し、そして何を見るのか?

世界初の試みとなる、
有人潜水調査船による深海5,000メートルの科学探査の現場を
リアルタイムノーカット生中継。

潜航から探査まで、
未知なる深海の世界をアナタも体験しよう。

しんかい写真

有人潜水調査船「しんかい6500」による
深海5,000メートルへの潜航調査。
今回、独立行政法人海洋研究開発機構「JAMSTEC」
ニコ生がコラボして、
潜航から深海探査までの一部始終を
リアルタイムノーカットで生中継し、
深海への有人潜水調査船による科学探査をみんなで共有体験する
世界初の試みを行ないます。

果たして、深海からの生中継は成功するのか!?
※うまくいかなかったらゴメンナサイ

【今回のミッション】
①『人類を深海5,000メートルに送りこめ』
②『超高温400度を超える深海熱水を目撃せよ』
③『深海熱水域に生物はいるのか確認せよ』

カリブ海中部のケイマンライズには、
水深5,000mという世界最深の熱水域があり、
摂氏400度を超える熱水が吹いていると考えられています。
そのよう高温熱水環境でも生物は生息できるのか、
生命の生息限界に迫り、微生物との共生など、
極限環境における生物の生息状況をみんなで確認しましょう。
ケイマンライズ

有人潜水調査船「しんかい6500」による潜航調査の見どころや、
これまでの研究成果など、詳しい情報はこちら。
JAMSTEC特集ページ

番組中、「しんかい2000」が展示されている
『新江ノ島水族館』より中継を結び、
“科学探査”をさらに紐解きます。
新江ノ島水族館・深海Ⅱ~しんかい2000~

※現場海況によって日時や内容が変更される場合があります。
※現場の通信状況によって生中継が途切れる場合があります。

【しんかい6500潜航予定者】
 ●高井 研(研究者 JAMSTEC深海・地殻内生物圏研究プログラムディレクター)
  航海首席研究者 高井 研からのメッセージ
 ●飯嶋 一樹(しんかい6500パイロット 潜航長)
 ●池田 瞳(しんかい6500コパイロット 二等潜技士)

【母船よこすか】
 ●櫻井 利明(しんかい6500司令)
 ●吉澤 理(JAMSTEC広報課)など

【スタジオ出演者】
 ●長沼 毅(MC、広島大准教授、科学界のインディ・ジョーンズ)
 ●増子 瑞穂(MC、フリーアナウンサー)
 ●吉梅 剛(解説、JAMSTEC「しんかい6500」前潜航長)
 ●川口 淳一郎(JAXAシニアフェロー/「はやぶさ」プロジェクトマネージャー)
 ●朱野帰子(作家、「海に降る」作者)
 ●芳尾 太郎(ナショナル・グラフィックウェブ版編集長)
 ●田中 祥子(イースト・プレス編集者)
 ●服部 満(バンダイ ホビー事業部)など

しんかい6500スケジュール
※上記のスケジュールは、2013年6月22日の放送当時のものです。

ニコニコニュース公式アカウント
@nico_nico_news
JAMSTEC「しんかい6500」公式アカウント
@6K_JAMSTEC

前日(2013/6/21(金)) の『準備編』番組はこちら↓


CHANNEL INFO

2 5 2 5 ch