ニコニコ生放送

この番組は 2011/10/26(水) 21:47 に終了いたしました。

うっかり見逃しても大丈夫!プレミアム会員に登録すれば、予約していない番組でも視聴可能です。
プレミアム会員に登録して番組を視聴する

ニコ生ノンフィクション論「若者自殺大国・ニッポン」

【会場のご案内】

2011/10/26(水) 開場:19:50 開演:20:00
この番組は2011/10/26(水) 21:47に終了いたしました。
来場者数:25707人 コメント数:31813
1年間で3万人が自殺する国、「日本」
なぜ僕らはみずから「死」を選ぶのか?

「部落」「犯罪被害者」「ペットの殺処分」「ネット右翼」「風俗街が消える」……。
ノンフィクションライターの藤井誠二が、
話題のノンフィクョン作品やテーマを取り上げる「ニコ生ノンフィクション論」。

今夜のテーマは、ずばり、「自殺」
2010年の自殺者は3万1690人にも及び、
13年連続して3万人を超え続けています。

さらに、若い世代の自殺者数が増えているという現実。
人口10万人あたりの自殺者数は、
1998年以降、5、60代は減少傾向にあるのと対照的に、
20~24歳では、1998年の16人から1999年に22人、
25~29歳では、19人から24人にまで増加しました。

なぜ、若者たちはみずから死を選ぶのか。
若者の自殺増加はなぜ止められないのか?
「自殺大国」で、我々はどう生きればよいのか?


今回、ゲストにむかえるのは、
若者の生きづらさ、自殺、ネットコミュニケーションを取材し続けている、
ノンフィクションライターの渋井哲也氏。
そして、若者の自傷、虐待などに詳しい大月智氏とともに、
「若者と自殺」を徹底的に考えます。

ニコ生ノンフィクション論「若者自殺大国・ニッポン」を、お楽しみに。

※数字は「警察庁 生活安全の確保に関する統計」より

【出演者】
藤井誠二
1965年愛知県名古屋市生まれ。ノンフィクションライター。
高校時代よりさまざまな社会運動にかかわりながら、週刊誌記者等を経て独立。
ラジオのパーメナリティも長年つとめてきた。

渋井哲也
1969年栃木県生まれ。93年東洋大学法学部卒。 ノンフィクションライター。「長野日報」社を経て、98年フリーに。01年、東洋大学大学院文学研究科教育学専攻博士前期課程修了。若者の生きづらさ(自殺、自傷、依存など)をテーマに取材。著書に「自殺を防ぐためのいくつかの手がかり」(河出書房新社)をはじめ、「実録・闇サイト事件簿」(幻冬舎新書)や「明日、自殺しませんか 男女7人ネット心中」(幻冬舎文庫)など。

大月智博(ロブ@大月)
1999年に、ペンネーム、「ロブ@大月」としてライターデビューし、1年後に処女作『リストカットシンドローム』を上梓。自傷、自殺問題に詳しいライターと知られ、また、新聞、雑誌で、
ネット自殺、少年、少女事件等の心理分析コメントが掲載され、執筆も行っている。

【ハッシュタグ】
ニコ論壇公式ハッシュタグ
「#nicoron」を使用ください。

【Twitter】
ニコ論壇公式アカウント
@nicorondan
ニコニコニュース公式アカウント
@nico_nico_news

【ニコ論壇】
ニコニコ動画が生み出す言論空間、ニコ論壇チャンネルページはこちら!
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch2323

CHANNEL INFO

2 3 2 3 ch