津田大介×米重克洋|AI報道が変える未来のジャーナリズム

【会場のご案内】

2018/11/10(土) 開演:19:00
この番組は2018/11/10(土) 21:20に終了いたしました。
来場者数:721人 コメント数:121
※津田ブロマガ会員以外の方も冒頭15分間、見ることができます

津田大介が6年ぶりの単著として書き上げた新刊『情報戦争を生き抜く』が11月13日に発売されます。
本書の発売を記念して、『情報戦争を生き抜く』を先行入手できる出版イベントを11月10日・11日の2日連続で開催します。
出版イベントの模様をニコ生にてお届けします。


1日目、11月10日(土)のゲストは、「JX通信社」代表取締役社長の米重克洋さん。「テクノロジーを通してビジネスとジャーナリズムの両立の実現を目指す」というJX通信社は、報道機関にAIを活用した緊急情報の収集・分析サービス「FASTALERT」などを提供する報道ベンチャー。機械と人間、テクノロジーとジャーナリズムの関係は今後どのように変化していくのか。そして、「我々はフェイクニュースやヘイトスピーチにどう立ち向かっていけばよいのか」という本書最大のテーマに、“技術“からアプローチする米重さんとお話します。

米重克洋(よねしげ・かつひろ)
1988年、山口県生まれ。ニュースコンテンツをメディア同士で取引する「仮想通信社」事業を構想し、大学在学中の2008年に㈱JX通信社を設立。

CHANNEL INFO

5 9 7 ch