ニコニコ生放送

高画質対応 「ハーモニー」/Project Itoh 二夜連続上映会

夭折の作家・伊藤計劃の原作小説を劇場アニメ化する一大プロジェクト【Project Itoh】の
第三作目、『虐殺器官』のBlu-ray&DVDが10月25日(水)に発売となることを記念して、

プロジェクト第一作目『屍者の帝国』、第二作目『ハーモニー』を二夜連続上映いたします!

▼10/20(金)25:00~


本編とあわせて、『虐殺器官』の冒頭ハイライトシーンや、
中村悠一さん・櫻井孝宏さん・梶裕貴さん出演のコメントVTR
もご覧いただけます。
最後までどうぞお楽しみください!
放送スケジュール
24:00~ 『虐殺器官』出演キャストによるコメントVTR(10分)
24:10~ 「ハーモニー」本編 上映(120分)
26:10~ 『虐殺器官』の冒頭ハイライトシーン上映(15分)
屍者の帝国

(c)Project Itoh & Toh EnJoe / THE EMPIRE OF CORPSES

“死者蘇生技術”が発達し、屍者を労働力として活用している19世紀末。ロンドンの医学生ジョン・H・ワトソンは、親友フライデーとの生前の約束どおり、自らの手で違法に彼の屍者化を試みる。その行為は、諜報機関「ウォルシンガム機関」の知るところとなるが、ワトソンはその技術と魂の再生への野心を見込まれてある任務を命じられる。それは、100年前にヴィクター・フランケンシュタイン博士が遺し、まるで生者のように意思を持ち言葉を話す最初の屍者ザ・ワンを生み出した究極の技術が記されているという「ヴィクターの手記」の捜索。第一の手がかりは、アフガニスタン奥地。ロシア帝国軍の司祭にして天才的屍者技術者アレクセイ・カラマーゾフが突如新型の屍者とともにその地へ姿を消したという。彼が既に「手記」を入手し、新型の屍者による王国を築いているのだとしたら…?フライデーと共に海を渡るワトソン。しかしそれは、壮大な旅のはじまりにすぎなかった。イギリス、アフガニスタン、日本、アメリカ、そして最後に彼を待ちうける舞台は…?
魂の再生は可能なのか。死してなお、生き続ける技術とは。「ヴィクターの手記」をめぐるグレートゲームが始まる!

ハーモニー

(c)Project Itoh / HARMONY

「大災禍」と呼ばれる世界規模の混沌から復興した世界。かつて起きた「大災禍」の反動で、 世界は極端な健康志向と社会の調和を重んじた、超高度医療社会へと移行していた。そんな優しさと慈愛に満ちたまがい物の世界に、立ち向かう術を日々考えている少女がいた。少女の名前は御冷ミァハ。世界への抵抗を示すため、彼女は、自らのカリスマ性に惹かれた二人の少女とともに、ある日自殺を果たす。13年後、霧慧トァンは優しすぎる日本社会を嫌い、戦場の平和維持活動の最前線にいた。霧慧トァンは、かつての自殺事件で生き残った少女。平和に慣れ過ぎた世界に対して、ある犯行グループが数千人規模の命を奪う事件を起こす。犯行グループからの世界に向けて出された「宣言」によって、世界は再び恐怖へと叩き落される。霧慧トァンは、その宣言から、死んだはずの御冷ミァハの息遣いを感じ取る。トァンは、かつてともに死のうとしたミァハの存在を確かめるために立ち上がる。

インフォメーション
<虐殺器官>
Blu-ray&DVD 10月25日(水)発売!


(c)Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN

詳しくはこちらをご覧ください
http://project-itoh.com/genocidal_organ/bddvd/

リンク
Project Itoh(http://project-itoh.com/)
公式Twitter(https://twitter.com/PJ_Itoh

ニコニコアニメチャンネルでは他にも人気アニメを配信中。
2017年10月より配信の最新アニメをチェック!
★ニコ生で放送されるアニメ特番の紹介チャンネルはこちらから!★
★ニコニコアニメスペシャル一挙放送チャンネルはこちらから!★

初めてニコニコ生放送をご利用になる方へ
ニコニコ生放送のご視聴には会員登録(無料)が必要です。
初めての方は「アカウント新規登録」をクリックし、会員登録の手続きをお願いします。

本放送はプレミアム高画質でお送りします。 プレミアム会員になると
回線混雑時に優先視聴高画質映像でお楽しみいただけます。
この機会にぜひ、プレミアム会員(有料)への登録をお試しください。


ニコニコ生放送の詳細な説明は「ニコニコ生放送とは」をご覧下さい。
ご不明な点がございましたら、ヘルプページをご参照下さい。




----------------------------------------------------------------
本番組は日本国内でのみ視聴できます。海外からの視聴はできません。
This program is only available in Japan.
此節目僅限日本國內收看
----------------------------------------------------------------